* S P I C E *

「気になる!」にどんどんトライ♪

時間が増える?? 週40時間の自由をつくる 超時間術を読んでみた

仕事、家事、睡眠・・・で日々の時間が短すぎる!好きなことに使える時間がない!と嘆いている私ですが、今回はこちらの本を手に取ってみました(^o^)

 

週40時間の自由をつくる 超時間術

 

f:id:kokkoblog:20180610175531j:plain

 

メンタリストのDaiGoさんの著書です。以前はテレビでよくお見かけしていましたが、現在はセミナーや執筆、動画サイトなどの場で活躍されているようです。心理学に長けているDaiGoさんなら「時間」というテーマは得意分野なんだろうな、きっと有益なことが書いてありそう!と信頼できたので読んでみることにしました。

 

時間にまつわる勘違い

この本ではまず時間にまつわる勘違いが指摘されています。

【 勘違いの項目 3つ 】

  1. 物理な時間がない
  2. やるべきことが多い
  3. 忙しい人は仕事ができる

DaiGoさんが言うにはこれらは勘違い!

この本のスゴイところは、それぞれの項目の中で、過去の研究や実験の結果がたくさん取り入れてあること。DaiGoさんの主観ではなく、信頼できる統計データを元に確認されていることが書かれているので、読んでいてとても納得がいくのです。

実際この本の巻末には参考文献がたくさん記載されています。DaiGoさんは本を読むことが好きなのだそうで、本から大量の知識を学ばれているのだと思います。

 

f:id:kokkoblog:20180610175618j:plain

 

時間がないと感じるのは時間間隔のゆがみのせい

この本によると、日常の中で私たちの時間感覚がゆがんでいくきっかけがあるのだそうです。つまりこの本では物理的な時間を増やす方法ではなく(それは無理ですよね)、時間の感じ方がおかしくならないようにすることで、「時間がない」という感覚を減らしていく方法が提案されています。

【 時間間隔を正す項目 7つ 】

  1. ゴールコンフリクトを正す
  2. 時間汚染を防げ!
  3. 呼吸を変える
  4. リフレーミング
  5. 親切
  6. スモールゴール
  7. 自然

 

不安とストレスが「時間がない」感覚を引き起こす

 この本では「時間が足りない」と思い込んでしまう理由は、

・目標のぶつかりあいで生まれる不安

・時間が細切れになったせいで起きるストレス

の2つにまとめられています。

次の章では、時間間隔を正す7つの項目を実践しようと努力する中でも、どうしても時間がない場合に使えるストレス対策方法がどんどん紹介されています。1秒ですぐ試せるものから、1か月程かけてじっくりストレスに強い精神に鍛えていくトレーニングの方法など、自分が取り組みやすいものを選べるが良いですよ!

私が実践したいのが「45秒コース ガムを噛む」です。私は仕事中に口さみしさでお菓子を次々食べてしまうのですが、ガムを噛むならカロリーも抑えられるのでいいなと思いました☆ それでストレスが抑えられて、時間感覚も整うなんてイイコトだらけですよね。

 

通勤時間の長さはストレスの大敵!

この本では続いて、職場での時間汚染対策について紹介されています。その中で特に、通勤時間の長さが及ぼす影響についてが驚きでした。(私の通勤時間は片道1時間です。)実は通勤中は寝たり音楽を聴いて過ごすより、仕事について考えたり読書をしたりと有益に過ごしたほうがストレスがたまらなくていいのだそうです!体を休めようとしてストレスになるなんてトンデモナイですよね。

そこで早速ですが、通勤時間は勉強をすることにしました。思い立って将来のためにある資格を取っておきたいと挑戦してみることに。。。

 

時間という資産を有効に

参考になる知識や、すぐに試せる実践的な方法が盛りだくさんで、とても読む価値のある本でした。また面白いのが、時間のない人がすぐに読み始めれるように、まえがきがほぼ無いです。ぜひ「時間のない」仲間の皆様は読んでみてください<(`^´)>

 

週40時間の自由をつくる 超時間術 [ メンタリストDaiGo ]

価格:1,512円
(2018/6/10 17:45時点)
感想(0件)